文部科学省が推進している小中学校でのプログラミング学習の必修化や、ギガスクール構想により1人1台端末の貸与などDX化の波が訪れており、将来的にお子様が対応できるように幼少期から能力を育みたいと考えている親御さんも増えています。しかし、プログラミング学習はプロの専門家でも難しいばかりか、重要性を理解しつつもどんな教材が良いのか分からないという親御さんも少なくありません。そこでおすすめなのが、デジタル時代に対応したおもちゃのサブスクです。そのようなサブスクで提供されているおもちゃの中にはデジタル時代を強く意識し、電子ブロックを組み立てることでプログラミングの構造を学べたり、ボタンを押すことでサウンドが楽しめるなど様々なデバイスがあります。

また、タブレットを使用して画面内のパーツを組み立てることで簡易的なプログラムが完成し、無線でロボットを歩かせるなどして制御できるような本格的なものもあります。これならば難しいプログラミングであっても敬遠することなく、遊びを通して楽しみ、気がつけば一定のスキルを身につけることも可能です。これを継続すれば小学校へ入学する頃には既にプログラミング理論を正しく理解し、授業に入ればスムースに学習ができるという大きなアドバンテージを持たせることができるのも評判です。デジタル時代の今だからこそ、おもちゃのサブスクで楽しみながら学び、お子様が持つ無限の可能性を引き出してあげたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です