おもちゃのサブスクとは、購入するのではなくてレンタルで利用することです。結局は自分のものにはならないのにお金を出して利用するのかと思うかもしれませんが、おもちゃのサブスク利用にはメリットも多く、そのために実際に使う人が増えてきているとも言えます。所有することは確かにメリットかもしれませんが、保管スペースも必要です。突っ込んだ物の言い方をすれば、保管のためのスペースもコストがかかっているはずであり、タダではありません。

それでも実際に使い続けているものに対しては必要なコストと考えることができますが、子供向けのおもちゃに関しては飽きてしまって全く遊ばなくなったようなものが含まれることも多くあります。こんなことになっては所有し続けるほうがよほど無駄という言い方もでき、サブスクで利用するほうが賢いかもしれないわけです。時間の経過とともに好みが変わったり、遊び飽きてしまうことが分かっているようなものまで購入することに意味を見出さない人は増えてきています。もちろん、中には気に行って何年もの間遊び続けるような玩具もあるかもしれませんが、もしそういうものがあればレンタル期間が終わった後でも自分たちで購入すれば良いだけかもしれません。

あらゆる玩具を購入するよりは、まずはレンタルで気に入るかどうかを確認してから、本当に興味を示したものについてだけ後で購入することにしたほうがコスト面でも大きなメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です